Publications

Books

海洋へのいざない, 日本船舶海洋工学会 (2017.5)  ※巻がp60-61を担当

サブシー工学ハンドブック③ サブシー構造物と機器(Yong Bai / Qiang Bai 著, 尾崎雅彦 監訳), 海文堂 (2016.7) ※巻が第23, 24章の訳を担当

海底鉱物資源の産業利用 -日本EEZ内の新資源- (飯笹幸吉 監修), シーエムシー出版 (2013.6)

シリーズ〈環境の世界〉4 海洋技術環境学の創る世界,東京大学大学院環境学研究系 編,朝倉書店 (2012.9)

Journal Articles

2017

T. Matsuda, T. Maki, Y. Sato, T. Sakamaki, Alternating Landmark Navigation of Multiple AUVs for Wide Seafloor Survey -Field Experiment and Performance Verification-, Journal of Field Robotics, (2017) accepted

2015

T. Matsuda, T. Maki, Y. Sato, T. Sakamaki, and T. Ura, A Cooperative Navigation Method of Multiple AUVs for Wide Seafloor Survey -First Performance Evaluation in Sea Environments-, Marine and Underwater Science and Technology (MUST), 1(1), 11-22 (2015.5)

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki, and T. Ura, State Estimation and Compression Method for the Navigation of Multiple Autonomous Underwater Vehicles with Limited Communication Traffic, IEEE Journal of Oceanic Engineering, 40(2), 337-348 (2015.4)

2014

Y. Sato, T. Maki, A. Kume, T. Matsuda, T. Sakamaki, and T. Ura, Path Replanning Method for an AUV in Natural Hydrothermal Vent Fields: Toward 3D Imaging of a Hydrothermal Chimney, Marine Technology Society Journal, 48(3), 104-114 (2014.5)

T. Phanthong, T. Maki, T. Ura, T. Sakamaki, and P. Aiyarak, Application of A* algorithm for real-time path re-planning of an unmanned surface vehicle avoiding underwater obstacles, Journal of Marine Science and Application, 13(1), 105-116 (2014.3)

 

2013

T. Yamanaka, K. Maeto, H. Akashi, J. Ishibashi, Y. Miyoshi, K. Okamura, T. Noguchi, Y. Kuwahara, T. Toki, U. Tsunogai, T. Ura, T. Nakatani, T. Maki, K. Kubokawa, and H. Chiba, Shallow submarine hydrothermal activity with significant contribution of magmatic water producing talc chimneys in the Wakamiko Crater of Kagoshima Bay, southern Kyushu, Japan, Journal of Volcanology and Geothermal Research, 258, 74–84 (2013.5)

A. Kume, T. Maki, T. Sakamaki, T. Ura, A Method for Obtaining High-Coverage 3D Images of Rough Seafloor Using AUV – Real-Time Quality Evaluation and Path-Planning –, Journal of Robotics and Mechatronics, 25(2), 364-374 (2013.4)

T. Maki, T. Matsuda, T. Sakamaki, T. Ura, J. Kojima, Navigation Method for Underwater Vehicles Based on Mutual Acoustical Positioning With a Single Seafloor Station, IEEE Journal of Oceanic Engineering, 38(1), 167-177 (2013.1)

2012

前田 文孝, 浅田 昭, 高川 真一, 巻 俊宏, 動的スワス重合と深度可変広帯域通過フィルタによる水底下地層構造探査技術の開発 ―低周波広帯域音源を用いた有効性評価―, 海洋音響学会誌, 39(4), 153-162 (2012.10)

T. Maki, T. Ura, T. Sakamaki, AUV navigation around jacket structures II: Map based path-planning and guidance, Journal of Marine Science and Technology, 17(4), 523-531 (2012.6)

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki, T. Ura, Performance Analysis on a Navigation Method of Multiple AUVs for Wide Area Survey, Marine Technology Society Journal, 46(2), 45-55 (2012.3)

T. Maki, H. Mizushima, T. Ura, T. Sakamaki, M. Yanagisawa, AUV navigation around jacket structures I: Relative localization based on multi-sensor fusion, Journal of Marine Science and Technology, 17(3), 330-339 (2012.3)

2011

T. Maki, A. Kume, T. Ura, Volumetric mapping of tubeworm colonies in Kagoshima Bay through autonomous robotic surveys, Deep-Sea Research I, 58, 757-767 (2011.5)

巻俊宏, 浦環, H. Singh, 坂巻隆, 自律型水中ロボットによる鹿児島湾たぎり噴気帯の3次元画像マッピング(第3報) ―測位情報と視覚的特徴の併用による画像モザイキング手法―, 海洋調査技術, 23(1), 1-10 (2011.4)

- 2010

巻俊宏, 近藤逸人, 浦環, 坂巻隆, 水島隼人, 柳澤政生, 自律型水中ロボットによる鹿児島湾たぎり噴気帯の3次元画像マッピング(第2報) ―複数回の全自動潜航による広域画像マッピング―, 海洋調査技術, 21(1), 13-25 (2009.3)

巻俊宏, 近藤逸人, 浦環, 坂巻隆, 水島隼人, 柳澤政生, 自律型水中ロボットによる鹿児島湾たぎり噴気帯の3次元画像マッピング, 海洋調査技術, 20(1), 1-16 (2008.3)

J. Han, A. Asada, T. Ura, Y. Yamaguchi, Y. Yagita, T. Maki, Noncontact power supply for seafloor geodetic observing robot system, Journal of Marine Science and Technology, 12(3), 182-189 (2007.9)

巻俊宏, 近藤逸人, 浦環, 能勢義昭, 坂巻隆, 自律型水中ロボットによる人工構造物の観測, 日本船舶海洋工学会論文集, 1, 17-26 (2005.6)

巻俊宏, 浅田昭, マルチビーム測深データの動揺補正とノイズ除去に関する研究, 海洋音響学会誌, 31(1), 28-38 (2004.1)

Top

Invited Talks

2017

巻俊宏, 自律型海中ロボット AUV ~魚のごとく~, 第5回 人工知能学会 汎用人工知能研究会(SIG-AGI), 東京 (2017/3/27)

巻俊宏, 海中はロボットの世界 -自律プラットフォームシステムの可能性-, 第6回超異分野学会シンポジウム「より一層オープンな海底探査を目指して」, 東京 (2017/3/2)

巻俊宏, 海中ロボット, 第30回 海洋教育フォーラム / 平成28年度 第2回 岩手県海洋エネルギー産業化研究会・公園会, 釜石 (2017/2/9)

巻俊宏, 我が国と海外のROV・AUVの動向, 2016年度港湾及び海洋土木技術者のためのROV等水中機器類技術講習会, 神奈川 (2017/1/17)

2016

巻俊宏, Autonomous platform systems for seafloor observation, International Symposium in Commemoration of the 130th Anniversary of MMBS, Tokyo (2016/11/21)

T. Maki, Autonomous Underwater Platform Systems, International Workshop on Aqua Vision 2016, Kyoto (2016/9/26)

T. Maki, Autonomous platform systems for detailed seafloor observation, The 3rd UTokyo-SJTU-KAIST Joint Academic Symposium, Tokyo (2016/8/29)

巻俊宏, 海中プラットフォームシステム, 水中ロボットセミナー, 横須賀 (2016/8/27)

巻俊宏, 自律プラットフォームシステムによる海中海底計測, 海中観測技術の実装に関するセミナー, 柏 (2016/8/8)

巻俊宏, 米国における海氷調査の最前線 - Sikuliaq号乗船記 -, 第39回海洋技術連絡会, 東京 (2016/7/21)

巻俊宏, 海中プラットフォームシステムとレーザ計測, 第2回 測量・地理空間情報イノベーション大会, 東京 (2016/6/14)

巻俊宏, 海中ロボットの目 -海中コンピュータビジョンの課題と可能性-, 第202回 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)研究会, 大阪 (2016/5/13)

2015

巻俊宏, 海中プラットフォーム技術の現状と展望, 第31回 SCOPE講演会, 東京 (2015/7/1)

2014

T. Maki, Light for the sea, Adventures for the robots !, The 5th International Conference on Underwater System Technology: Theory and Applications 2014 (USYS'14), Melaka (2014/12/3)

T. Maki, Underwater Robotics Technology for Deep Ocean Explorations - The Japanese Experience -, USYS'14 Workshop on Underwater Robotics Technology for Deep Ocean Explorations, Melaka (2014/12/2)

巻俊宏, ロボットを海に潜らせよう -自律型海中ロボットによる海底詳細観測を目指して-, 日本ロボット学会 第86回ロボット工学セミナー, 東京 (2014/9/12)

巻俊宏, 化学計測システムを搭載してマッピングを行う観測プラットフォームに関する研究開発及び実用化, 海底鉱物資源広域探査システムワークショップ 2014, 東京 (2014/4/18)

2013

巻俊宏, 海に光を、ロボットに冒険を!~自律型海中ロボットによる海底画像マッピング~, 日本機械学会 展示会「日本の先端科学技術の紹介」 特別講演「特別企画展「深海」にせまる」, 東京 (2013/8/3)

巻俊宏, AUVによる鹿児島湾奥海底の画像マッピング, 鹿児島大学海洋資源環境教育研究センター第113回センターセミナー, 鹿児島 (2013/6/21)

T. Maki, AUV Tri-TON, Special Lecture for Students of Norwegian University of Science and Technology, Tokyo (2013/3/19)

巻俊宏, 主要な水中機器類の紹介, 港湾空港技術研究所 2012年度港湾及び海洋土木技術者のためのROV等水中機器類取扱講習会, 神奈川 (2013/3/13)

2012

巻俊宏, AUV技術の最先端 -海に光を、ロボットに冒険を-, 海洋調査技術学会第24回研究成果発表会, 東京 (2012/11/8)

巻俊宏, 自律型海中ロボットによる海底の広域画像マッピング, 第8回学際領域における分子イメージングフォーラム, 東京 (2012/11/2)

巻俊宏, 自律型海中ロボットによる水中環境の3次元画像化, 土木研究所講演会, 茨城 (2012/7/2)

巻俊宏, 自律型海中ロボットの新展開, 第102回海洋工学懇談会, 東京 (2012/6/13)

T. Maki, et al., Navigation method of AUVs for patrolling offshore structures, Waterside Security 2012, Singapore (2012/5/28)

2011

How can AUVs help for disaster reconstruction ?, 17th International Symposium on Unmanned Untethered Submersible Technology, Portsmouth (2011)

Underwater GoogleEarthing – Large area seafloor imaging brought by AUVs-, 1st International Workshop on Robotic Amphibious Vehicle, Pohang (2011)

Underwater intelligence –Recent developments on our AUV fleet-, GCOE-NGIT 2011, Sapporo (2011)

海中ロボットの現状, 第二回先端技術導入促進セミナー, 長崎 (2011)

AUVによる海中観測, 海洋理工学会平成23年春季大会, 東京 (2011)

- 2010

海底設置ステーションと自律探査プローブによる海底環境の3 次元画像マッピング, ワークショップ 海底資源開発を目指した海底観測機器開発の最先端 (2010)

AUVによる海底生物の「可視化」-「Tri-Dog 1」によるサツマハオリムシ群の観測 -, 第45回海中海底工学フォーラム (2010)

T. Maki, H. Kondo, T. Ura and T. Sakamaki, Wide-area Visual Mapping of Tagiri Vent Field, Kagoshima Bay in Japan by an Autonomous Underwater Vehicle, 6th International Conference on Asian Marine Geology (2008)

AUVによる海底面の全自動観測, 第2回海洋工学研究会性能部会・第5回「海洋におけるプラットフォーム技術検討プロジェクト委員会」合同会議 (2008)

AUV「Tri-Dog 1号」による鹿児島湾たぎり噴気帯の全自動観測, JAMSTEC 第59回MIND (2006)

AUV「Tri-Dog 1号」による鹿児島湾たぎり噴気帯の観測, 第37回海中海底工学フォーラム (2006)

 Top

Conference Papers (International)

2017

T. Maki, Y. Kuranaga, Y. Noguchi, T. Sakamaki, K. Masuda, M. Humblet, and Y. Furushima, AUV Hattori: a Lightweight Platform for High-speed Low-altitude Survey of Rough Terrain, OCEANS17 MTS/IEEE Anchorage, Anchorage, (2017.9) accepted

T. Matsuda, T. Maki, M. Sangekar, Intelligent Seafloor Survey by Cooperative Multiple AUVs Based on Real-time Analysis of Bathymetry Map, OCEANS17 MTS/IEEE Anchorage, Anchorage, (2017.9) accepted

T. Matsuda, T. Maki, Y. Sato, and T. Sakamaki, Accurate and Efficient Survey of Seafloor by Multiple AUVs Using Alternating Landmark Navigation -Sea Experiments by 3 AUVs-, OCEANS17 MTS/IEEE Aberdeen, Aberdeen, (2017.6) accepted

A. Oshida, T. Maki, T. Matsuda, S. Okuma, M. Komazawa, T. Tachibana, R. Kubota, Ocean Bottom Gravity Measurement Using a Landing AUV, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, (2017.5)

Y. Sato, T. Maki, K. Masuda, T. Matsuda, and T. Sakamaki, Autonomous Docking of Hovering Type AUV to Seafloor Charging Station based on acoustic and visual sensing, IEEE OES Underwater Technology 2017, Busan, (2017.2)

Y. Noguchi, Y. Kuranaga, and T. Maki, Adaptive Navigation of a High Speed Autonomous Underwater Vehicle using Low Cost Sensors for Low-Altitude Survey, IEEE OES Underwater Technology 2017, Busan, (2017.2)  poster

2016

T. Maksym, G. Williams, H. Singh, B. Weissling, J. Anderson, T. Maki, S. Ackley, Coordinated Mapping of Sea Ice Deformation Features with Autonomous Vehicles, AGU Fall Meeting, San Francisco, (2016.12)  poster

T. Matsuda, T. Maki, Y. Sato, and T. Sakamaki, Sea Experiments and Tank Tests of the Alternating Landmark Navigation by Multiple AUVs -Toward Accurate and Efficient Survey of Seafloor by AUVs-, IEEE OES AUV 2016, Tokyo, (2016.11)

Y. Otsuki, T. Blair, T. Maki, Y. Nishida, A. Bodenmann, and K. Nagano, Real-time Autonomous Multi Resolution Visural Surveys Based on Seafloor Scene Complexity, IEEE OES AUV 2016, Tokyo, (2016.11)

Y. Kuranaga and T. Maki, The possibility of “Train type AUV” about its mobility and endurance, IEEE OES AUV 2016, Tokyo, (2016.11)  poster

2015

M. Arima, K. Ishii, T. Ura, T. Maki, and H. Kondo, Evolution and prospects of underwater robot competition in Japan, MTS/IEEE OCEANS'15 Genova, Genova, (2015.5)

Y. Sato, T. Maki, H. Mizushima, T. Matsuda, and T. Sakamaki, Evaluation of Position Estimation of AUV Tri-TON 2 in Real Sea Experiments, MTS/IEEE OCEANS'15 Genova, Genova, (2015.5)

T. Matsuda, T. Maki, Y. Sato, and T. Sakamaki, Performance Verification of the Alternating Landmark Navigation by Multiple AUVs through Sea Experiments, MTS/IEEE OCEANS'15 Genova, Genova, (2015.5)

T. Maki, Y. Sato, H. Mizushima, and T. Sakamaki, Development of the AUV Tri-TON 2 for detailed survey of rugged seafloor, AUVSI Unmanned Systems 2015, Atlanta, (2015.5)

Y. Sato, T. Maki, T. Matsuda, and T. Sakamaki, Detailed 3D Seafloor Imaging of Kagoshima Bay by AUV Tri-TON 2, International Symposium on Underwater Technology 2015 (UT15), Chennai, (2015.2)

2014

T. Maki, Y. Sato, T. Matsuda, R. T. Shiroku, and T. Sakamaki, AUV Tri-TON 2: An intelligent platform for detailed survey of hydrothermal vent fields, IEEE AUV 2014, (2014.10)

A. Asada, B. Thornton, T. Ura, A. Saito, T. Goto, M. Shinohara, K. Okamura, H. Machiyama, S. Tsukioka, E. Asakawa, K. Shitashima, T. Fujii, T. Maki, S. Nishida, and T. Kasaya, Applied sensing for deep-sea mineral exploration, Techno-Ocean 2014, Kobe, (2014.10.2)

T. Matsuda, T. Maki, Y. Sato, and T. Sakamaki, Cooperative Navigation Method of Multiple Autonomous Underwater Vehicles for Wide Seafloor Survey –Sea Experiment with Two AUVs–, MTS/IEEE OCEANS'14 Taipei, (2014.4)

2013

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki, and T. Ura, Primary Experimental Results of the Navigation Method of Multiple Autonomous Underwater Vehicles, IEEE/RSJ International Conference on
Intelligent Robots and Systems 2013, Tokyo, (2013.11)

Y. Sato, T. Maki, A. Kume, T. Matsuda, T. Sakamaki and T. Ura, Toward High-Coverage Imaging of Hydrothermal Vent Fields: A Recursive Path-Planning Method of an AUV, 18th International Symposium on Unmanned Untethered Submersible Technology - UUST 2013, (2013.8)

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki, and T. Ura, State Estimation of Multiple Autonomous Underwater Vehicles for Wide Area Survey of Seafloor, MTS/IEEE OCEANS'13 Bergen, (2013.6)

T. Maki, Y. Sato, T. Matsuda, A. Kume, T. Sakamaki, and T. Ura, AUV Tri-TON – A Hover-Capable Platform for 3D Visualization of Complicated Surfaces –, Underwater Technology 2013, Tokyo, (2013.3)

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki and T. Ura, Toward Wide Seafloor Surveys Using Multiple Autonomous Underwater Vehicles, Underwater Technology 2013, Tokyo, (2013.3)

Y. Sato, T. Maki, A. Kume, T. Matsuda, T. Sakamaki and T. Ura, Field Experimental Results of Path Re-planning Method for an AUV to Visualize Complicated Surface in 3D, Underwater Technology 2013, Tokyo, (2013.3)

T. Maki, R. Shiroku, Y. Sato, T. Matsuda, T. Sakamaki and T. Ura, Docking Method for Hovering Type AUVs by Acoustic and Visual Positioning, Underwater Technology 2013, Tokyo, (2013.3)

2012

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki, and T. Ura, State Estimation of Multiple AUVs with Limited Communication Traffic, MTS/IEEE OCEANS'12 Hampton Roads, (2012.10)

T. Maki, T. Ura, T. Sakamaki, A. Kume, and H. Kondo, Large-area mapping of benthic habitats through autonomous robotic surveys, 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, (2012.7)

A. Kume, T. Maki, T. Sakamaki, and T. Ura, Path re-planning method for an AUV to image rough terrain by on-site quality evaluation, IEEE OCEANS’12 Yeosu, (2012.5)

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki, and T. Ura, Alternant Landmark Positioning: Towards Wide Area Observation by Multiple AUVs, IEEE OCEANS’12 Yeosu, (2012.5)

2011

T. Matsuda, T. Maki, T. Sakamaki and T. Ura, Large area navigation method of multiple AUVs based on mutual measurements, IEEE OCEANS ’11 Hawaii, (2011)

T. Maki, T. Ura and Y. Ogawa, AUV navigation for contour line tracking, 17th International Symposium on Unmanned Untethered Submersible Technology, (2011)

T. Maki, T. Matsuda, T. Sakamaki and T. Ura, AUV navigation with a single seafloor station based on mutual orientation measurements, 2011 IEEE International Symposium on Underwater Technology, (2011)

F. Maeda, T. Takagawa, A. Asada, T. Maki, Y. Sasaki and F. Yamamoto, Next R&D of measurement method of offshore minerals using the low-frequency acoustic Mills-cross transmission and receiving system ~ Multibeam subbottom profiling method and "Natsushima" cruise experiment ~, 2011 IEEE International Symposium on Underwater Technology, (2011)

- 2010

T. Maki, A. Kume, T. Ura and H. Suzuki, Long-term quantitative observation of tubeworm colonies using an AUV, AUV 2010, (2010)

T. Maki, A. Kume, T. Ura, T. Sakamaki and H. Suzuki, Autonomous detection and volume determination of tubeworm colonies from underwater robotic surveys, IEEE OCEANS ’10, (2010)

T. Maki, T. Ura, and T. Sakamaki, Map based path-planning and guidance scheme of an AUV for inspection of artificial structures, IEEE OCEANS ’09, (2009)

T. Maki, H. Mizushima, T. Ura, T. Sakamaki and M. Yanagisawa, Self localization method of an underwater vehicle around support legs of on-water platforms, 16th International Symposium on Unmanned Untethered Submersible Technology, (2009)

T. Maki, H. Kondo, T. Ura and T. Sakamaki, A New Approach for Seafloor Imaging Using an Autonomous Underwater Vehicle, 4th International Symposium on Chemosynthesis-Based Ecosystems –Hydrothermal Vents, Seeps and Other Reducing Habitats-, (2009)

T. Maki, Underwater “Google-Earthing” by an AUV, Workshop for Asian and Pacific Universities’ Underwater Roboticians, (2009)

T. Maki, H. Kondo, T. Ura and T. Sakamaki, Imaging vent fields: SLAM based navigation scheme for an AUV toward large-area seafloor imaging, IEEE Workshop AUV ‘08, (2008)

T. Maki, H. Kondo, T. Ura and T. Sakamaki, Large-area visual mapping of an underwater vent field by the AUV “Tri-Dog 1”, IEEE OCEANS ’08 Quebec, (2008)

T. Maki, How to make an “Underwater Google Earth”?, ESF-JSPS Frontier Science Conference for Young Researchers ROBOTICS: EXPERIMENTAL COGNITIVE ROBOTICS、(2008)

Top

Conference Papers (Domestic)

2017

和⽥良太, ⽊⼾浦悠介, 早稲⽥卓爾, 丹⽻淑博, 巻俊宏, 多部⽥茂, 離島における海洋教育の可能性, 第12回東京大学の海研究シンポジウム ~社会への提言~, 東京, (2017.7)

小林亮介, 巻俊宏, 音響センサの2次反射信号を考慮した水中ロボットの位置推定手法, 日本船舶海洋工学会 平成29年春季講演会, 東京, (2017.5)

伊東高明, 松田匠未, 巻俊宏,海底ステーション間を移動するAUV のナビゲーション手法 ―自己位置の推定誤差に基づくベイズフィルタの切り替え―, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 17, 2A2-G07, 郡山, (2017.5) poster

蔵永圭則, 巻俊宏, 野口侑要, 坂巻隆, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 17, 2A2-G08, 郡山, (2017.5) poster

野口侑要, 巻俊宏, 強化学習によるクルーズ型AUVのピッチ角選択アルゴリズム -高速かつ低高度な海底追従を目指して-, 第5回 人工知能学会 汎用人工知能研究会(SIG-AGI), 東京 (2017.3)  HP

2016

小林亮介, 巻俊宏, 狭隘環境における水中ロボットの位置推定手法 -人工構造物点検の自動化に向けて-, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 16, 1A1-16b3, 横浜, (2016.6) poster

岡田宣義, 松田匠未, 佐藤芳紀, 水島隼人, 坂巻隆, 巻俊宏, 環境変化にロバストなホバリング型AUV のドッキング手法, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 16, 1A1-17b1, 横浜, (2016.6) poster

巻俊宏, 佐藤芳紀, 水島隼人, 松田匠未, 増田殊大, 岡田宣義, 坂巻隆, 海底ステーションを基地とするホバリング型AUV の展開手法 -海底環境の長期モニタリングに向けて-, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 16, 1A1-17b4, 横浜, (2016.6) poster

藤原義弘, 土田真二, 河戸勝, 笠井彩香, 高橋幸愛, 屋良由美子, 福場辰洋, 渡邊佳孝, 吉田弘, 力石嘉人, 大河内直彦, 加藤千明, 藤倉克則, 増田殊大, 巻俊宏, 後藤慎平, 山中寿朗, 大西雄二, 田中彰, 深海生態系におけるトップ・プレデターの機能に関する研究, ブルーアース2016, BE16-41, 東京, (2016.3) pdf

佐藤芳紀, 水島隼人, 松田匠未, 蔵永圭則, 巻俊宏, 岡村慶, ホバリング型AUV Tri-TON 2および海底ステーションによる沖縄トラフ与論海穴の環境マッピング, ブルーアース2016, BE16-56, 東京, (2016.3) pdf

古川貴裕, 山本智子, 八巻鮎太, 巻俊宏, 小島茂明, 山中寿朗, 鹿児島湾奥におけるサツマハオリムシの分布と個体群特性, ブルーアース2016, BE16-p30, 東京, (2016.3) poster pdf

2015

松田匠未, 巻俊宏, 佐藤芳紀, 坂巻隆, 複数の自律型海中ロボットによる海底広域探査手法 −浅海域試験による性能評価と考察−, 日本船舶海洋工学会平成27年秋季講演会, 2015A-GS7-5, 東京, (2015.11)

水島隼人, 巻俊宏, 佐藤芳紀, 坂巻隆, 自律型海中ロボットを用いた低コストな流向流速推定手法, 第25回海洋工学シンポジウム, 東京, (2015.8)

逢澤正憲, 巻俊宏, 佐藤芳紀, 坂巻隆, 運動視差立体視と海底地形計測を統合したAUVのシングルカメラSLAM, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 15, 京都, (2015.5) poster

藤原義弘ほか, 深海生態系におけるトップ・プレデターに関する研究, ブルーアース2015, BE15-14, 東京, (2015.3) pdf

2014

M. Humblet, Y. Furushima, T. Maki, Y. Iryu, Geological significance of the mesophotic reef zone: example from the Sekisei Barrier Reef, 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島, (2014.9)

巻俊宏, 増田殊大, 鈴木浩嗣, ホバリング型AUVの長期展開に向けた電磁界共振結合方式による非接触給電システムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 14, 富山, (2014.5) poster

坂上憲光ほか, 東日本大震災後に利用された水中データ取得のためのシステム技術に関する調査, 第24回海洋工学シンポジウム, 東京, (2014.3)

巻俊宏ほか, 東日本大震災後に利用された水中データ取得の具体的事例の紹介 ~東京大学海洋アライアンスによる三陸沿岸域の調査~, 第24回海洋工学シンポジウム, 東京, (2014.3)

2013

松田匠未ほか, 複数の自律型海中ロボットの状態推定手法, 第31回日本ロボット学会学術講演会, (2013.9)

巻俊宏ほか, ホバリング型AUV Tri-TON の開発 -複雑環境の3次元画像化を目指して- , ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 13, (2013.5) poster

佐藤芳紀ほか, 複雑環境の高被覆率な画像化に向けたAUVのナビゲーション手法(第2報) -リアルタイム撮影度評価に基づく観測経路生成による実海域画像マッピング- , ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 13, (2013.5) poster

巻俊宏ほか, ホバリング型AUV Tri-TON および海底ステーションによる鹿児島湾熱水サイトの画像観測, ブルーアース2013, (2013.3)

2012

巻俊宏ほか, AUV Tri-TON と海底ステーションによる鹿児島湾若尊カルデラの画像マッピング, 海洋調査技術学会第24回研究成果発表会, (2012.11)

巻俊宏ほか, 複雑な海底環境の画像観測用AUV「Tri-TON」の開発, 第23回海洋工学シンポジウム, (2012.8) pdf

松田匠未ほか, 相互音響測位手法の開発―海底ステーションを基準とする自律型海中ロボットの熱水域詳細観測―, 第23回海洋工学シンポジウム, (2012.8)

久米絢佳、巻俊宏、浦環、坂巻隆, 複雑環境の高被覆率な画像化に向けたAUVのナビゲーション手法 ~リアルタイム撮影度評価に基づく観測経路生成~, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 12, (2012.5) poster

2011

巻俊宏, 松田匠未, 小島淳一, 浦環, 海底熱水地帯の3次元画像マッピングシステムの開発, 第22回海洋工学シンポジウム, (2011)

巻俊宏, 久米絢佳, 浦環, 坂巻隆, 鈴木英之, 自律型海中ロボットによる鹿児島湾サツマハオリムシ群集の広域3次元画像マッピング, Blue Earth’ 11, (2011)

- 2010

巻俊宏, 松田匠未, 小島淳一, 浦環, 海底ステーションとホバリング型AUVによる海底環境の広域画像化システム, 海洋調査技術学会第22回研究成果発表会講演要旨集, (2010) 32-33

久米絢佳, 巻俊宏, 浦環, 鈴木英之, 海底の地形及び画像情報によるサツマハオリムシ領域の自動抽出手法 ~AUVの観測結果の全自動処理に向けて~, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 10, (2010) poster

巻俊宏, 浦環, 坂巻隆, AUVによる桟橋式水中構造物の全自動点検手法 ~第2報 マップに基づく3次元経路計画と軌道制御~, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 10, (2010) poster

山田卓慶, 王暁琦, ソーントンブレア, 巻俊宏, 中谷武志, 浦環, 研究教育用プロトタイプAUV「HAL-urabo」の開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 09 (2009) poster

巻俊宏, 水島隼人,浦環, 坂巻隆, 柳澤政生, AUVによる桟橋式水中構造物の全自動点検手法 ~画像と音響による相対測位~, ロボティクス・メカトロニクス講演会’ 09, (2009) poster

Top

Other Articles (not reviewed)

2017

巻俊宏, 水中ドローン ~ローコストAUVは使い物になるか~, ニュースレター「海」, 33, 14-18, オキシーテック (2017.5)

2016

T. Ito, R. Takizawa, Y. Noguchi, Y. Mori, S. Yoshino, and T. Matsuda, AUV "Minty Roll" in Underwater Robot Conventions, IEEE OES Beacon Newsletter, 5(4), 56-57 (2016.12) リンク

T. Ito, R. Takizawa, Y. Noguchi, Y. Mori, S. Yoshino, and T. Matsuda, AUV "Minty Roll" Low-cost and User-friendly AUV for Underwater Robot Convention, IEEE OES Beacon Newsletter, 5(3), 34-35 (2016.9) リンク

2015

T. Matsuda, Realizing Multiple AUVs Operation, IEEE OES Newsletter, 4(4), 22-23 (2015.12)

T. Matsuda, K. Asakawa, T. Maki, Underwater Robot Convention in Japan, IEEE OES Newsletter, 4(4), 14-17 (2015.12)

巻俊宏, 海中ロボットと地図, 日本ロボット学会誌, 33(10), 766-772 (2015.12)

巻俊宏, 海洋研究と観光の町、ウッズホール, 生研ニュース, 157, 21 (2015.12)

2014

巻俊宏, AUV Tri-TON -海底熱水地帯の3次元画像化を目指して-, 設計工学, 49(5), 225-229 (2014.5)

高川真一, 巻俊宏, 浦環, 海中ロボットによる被災地沿岸海域の瓦礫堆積状況の海底調査, 日本ロボット学会誌, 32(2), 98-103 (2014.3) リンク

2013

巻俊宏, 海に光を、ロボットに冒険を ~自律型海中プラットフォームシステムの可能性~, 生研ニュース, 145, 18 (2013.12)

2011

浅田昭, 浦環, 前田文孝, 巻俊宏, 山形洋三, 高梨清一, 海底下に埋もれた化学弾を検出する海底下合成開口音響画像探査システム開発, 非破壊検査, Vol. 60, 369-372 (2011)

巻俊宏, 海中ロボットが見た被災地, 淡青, Vol.25, 46-47 (2011) リンク

前田文孝, 巻俊宏, 高川真一, 浅田昭, 小型低周波音源及び電力増幅器を用いた深海曳航型音波探査技術の開発, 生産研究, Vol.63, No.4, 583-586 (2011)

- 2010

巻俊宏, 沿岸域におけるAUVの可能性, 沿岸域学会誌, Vol.22, No.1, 89-96 (2009)

巻俊宏, 近藤逸人, 浦環, 自律型水中ロボット(AUV)による水中画像マッピング, 計測と制御, Vol.47, No.10, 810-816 (2008)

巻俊宏, 近藤逸人, 浦環, 坂巻隆, 自律型水中ロボット「トライドッグ1号」, マリンエンジニアリング, Vol.43, No.4, 73-76 (2008)

Top

Newpaper & Magazines

2016/12, 難しい海中ロボへの挑戦に共感, 日本科学技術ジャーナリスト会議 会報, 81, p.2.

2016/8/27, 錦江湾を舞台に、最先端の海洋調査, 読売新聞(鹿児島版), p. 24.

2016/6/29, 海中ロボットで海を身近に, 東京大学海洋アライアンス. リンク

2016/2/20, こどもの未来へ/大島海洋国際高校, 朝日新聞. リンク

2015/12/21, さまざまな場で活躍するロボットたち, Science Window 2016 冬号, 科学技術振興機構. リンク

2015/1/6, 平時の用途開拓・災害対応ロボ(下)潜在力高い飛行・水中ロボ, 日刊工業新聞. リンク

2014/12/26, 東大生研、水中構造物を自動で立体撮影するプログラム開発-AUVに搭載し資源探索, 日刊工業新聞. リンク

2014/12/19, 東大生研とAGS、インフラ管理・資源調査向け水中探索ロボ開発-潜水深度300m, 日刊工業新聞. リンク

2014/9, 水中ロボットの海洋分野での活用, SCOPE NET, Vol. 70, 8-12. リンク

2013/8/30, 第一話 出撃!海中ロボット 海中写真を手に入れろ!, Ttime, Vol. 55.  リンク

2012/11/14, 東大生産研千葉実験所 海底探査3D化へ 自律型観測ロボなど紹介, 電気新聞.

2012/11/12, 東大がロボット公開 海底観測・撮影 全自動で, 電気新聞.

2011/6/10, 東京大学海洋アライアンス」が世界最先端の海の研究を出前!, BE-PAL 7月号, 小学館, p.29.

2011/5/7, 東大生産研,水中ロボ使い岩手沖で2遺体発見, 読売新聞.

Top

TV Programs

2017/6/4, Mr. サンデー, フジテレビ.

2017/3/5, 証言記録東日本大震災, NHK.

2016/9/15, 横須賀で開催 水中ロボットの競技会, NEWS930α, テレビ神奈川.

2014/9/5, 水中ロボット大会 高度な技術競う, NEWS930α, テレビ神奈川.

2013/3/10, 真相報道バンキシャ!, 日本テレビ.

2012/7/6, A Mega-Volcano Lurking Beneath Kagoshima Bay, Science View #25, NHK World.

2012/3/2, KTSスーパーニュース, 鹿児島テレビ.

2011/12/3, サイエンスZERO 鹿児島湾 知られざる巨大海底火山, NHK教育. HNKオンデマンド

Top

Award

2017/3/23, American Beaurou of Shipping, 2017 Best Thesis Award(蔵永圭則)

2017/3/15, 東京大学大学院新領域創成科学研究科, 新領域創成科学研究科長賞(高橋朋子)

2016/6/9, 日本機械学会, ROBOMECH 2015 ベストプレゼンテーション表彰 (高橋朋子)

2015/12/18, The Organizing Committee of Pacifichem, Pacifichem 2015 student poster competition award (高橋朋子)

2015/7/8, 東京大学生産技術研究所, IIS Ph.D Student Live Best Presentation Award (高橋朋子)

2015/5/30, 日本設計工学会 平成26年度 The Most Interesting Reading 賞 (巻俊宏)

2014/10/17, IEEE/OES Japan Chapter Young Researcher Award 2014 (松田匠未)

2012/11/19, 海のフロンティアを拓く岡村健二賞 (巻俊宏)